女優・俳優

奥平大兼はイケメンだけど彼女はいる?性格や演技力の評価はどう?

映画『MOTHER』にて長澤まさみさんと共演、またデビュー作ということで人気急上昇中の若手俳優・奥平大兼(おくだいらだいけん)くん。

デビュー作で映画の公開前にも関わらず、「イケメン」、「一瞬で引き込まれた」など話題になっています。

そこで、今回は「奥平大兼はイケメンだけど彼女はいる?性格や演技力の評価はどう?」と題して、まとめてご紹介させて頂きます。

奥平大兼はイケメンだけど彼女はいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

奥平大兼(@okudairadaiken_official)がシェアした投稿

先に結論から言うと奥平くんの彼女情報は全くありませんでした!

ですが、現時点では彼女はいない可能性が高いのではないかと考えられます。

実は現在、奥平くんは現在16歳の高校二年生なんです。

こんな高校生いたら、クラスメイトや校内はもちろん「他校からも女の子来るんじゃないか?」なんて思って、twitterやInstagram,facebookなど調べましたが、情報はありませんでした……。

そんな中調べていくと、中学の部活動でバスケットボールをしていたらしく、三年の引退後に芸能活動を始めています。

そして、芸能活動を始めて初めてのオーディションで、今回の映画『MOTHER』の出演が決まります。

今までお芝居の経験が無い奥平くんは、そこから猛特訓されたとのことなので、部活や仕事がずっと忙しくて恋愛している時間なんて無いのではないかと考えられます。

なので、現在は彼女はいない可能性が高いですが、映画が公開してテレビの露出が増えれば、モテモテになるのも時間の問題かもしれませんね。笑

奥平大兼の性格

奥平くんの性格は一言でいうと「真面目で素直」と思われます!

奥平くんのtwitter,Instagramのアカウントがなく情報が少ないので、あくまで僕個人の推測になりますが、

奥平くんがスカウトされたのは中学一年の時で、芸能活動を始めたのは中学三年生の部活の引退後です。

普通の人だったら、スカウトされたら部活を辞めて芸能界入りするか、もしくは学校生活との両立を試みるのではないかと思います。

しかも、スカウト先があの山崎賢人や横浜流星など人気俳優が所属する「スターダスト事務所」だったらなおさらです!

ですが、中学の部活動を全うしてから俳優への道を歩み始めました。

単にバスケットボールが好きだったのかもしれませんが、きっちり線引きできるのは奥平くんが”真面目”な証拠ですね!

そして、なぜ”素直”かというと、出演映画『MOTHER』の大森監督は次のように話しています。

「彼が偉かったのは、演技の中で嘘をつかないことをやり通せたこと。
素直だからこそ、嘘をつくのは嫌だという感覚が本人にあって、そのために自分がどういう気持ちにならなければいけないのかという作業を、撮影中の彼は常にしていたと思います。」

引用元:YouTube

演技の中でも、真面目で素直な性格が監督には伝わっていたようですね。

奥平大兼の演技力・評価

映画『MOTHER』がデビュー作になる奥平くんですが、作中で彼の母親役を演じた長澤まさみさんが次のように話しています。

「初めてお芝居するとは思えないくらい堂々としていて、感じた事、思ったことを素直に反応してくれた。
私も、とても助けられたように思います。そこで生まれた感情に大きく揺れ動く姿と対峙することで、自分も素直に演じることができました。
お芝居は、その瞬間、瞬間の感情を表現することが大切だと改めて感じさせられました。」

引用元:YouTube

演技力だけでなく、奥平くんの人柄まで褒められていますね。

次が同作の大森監督の評価です。

奥平を撮影前のワークショップから見てきた大森監督は、「頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にして欲しいと、とにかくずっと言い続けていました。彼が偉かったのは、演技の中で嘘をつかないことをやり通せたこと」と評価。

引用元:MusicVoice

共演者も監督も奥平くんの演技力と人柄・性格をべた褒めしています!

他にもtwitterの口コミではこんな風に評価されています↓


主演が長澤まさみさんで、共演者には阿部サダヲさんなど大御所俳優もいる中で、注目されている奥平くんはスゴイですね!

かっこいい容姿からも、ネクストブレイク俳優筆頭との噂もあります!

まとめ

今回は「奥平大兼はイケメンだけど彼女はいる?性格や演技力の評価はどう?」というテーマでご紹介させて頂きました。

デビュー作にしては、重くてかなりの難役を任された奥平大兼くんですが、演技力は一級品のようです!

映画『MOTHER』すごく楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!