ニュース

ホリエモン新党の結成理由は”売名行為”か?初心者にも分かりやすく解説


先日、ホリエモン新党設立会見の堀江貴文氏の発言や、東京都知事選の選挙ポスターをめぐる問題から「結局ホリエモンは都知事選に出馬しないの?」や「ホリエモン新党と堀江貴文は無関係?」と様々な疑問が国民の中で生まれています。

そこで今回はホリエモン新党の結成理由や、果たしてこれが”売名行為”だったのか、そしてN国の立花孝志の思惑は何かについて何も知らない方にも分かりやすくまとめたので、ご紹介させていただきます。

ホリエモン新党結成の理由

事の発端は5月19日、実業家の堀江貴文氏が東京都に緊急提言したいという37項をまとめた著書「東京改造計画」をtwitterやネット上で宣伝し、

著書のホームページには、「7月の都知事選を前に東京都への緊急提言を行う」「37の東京改造計画を訴える」と記されていました。

その後、東京都知事選に出馬意欲を見せ、現都知事の小池百合子氏に対しても対抗馬として意識するような投稿を自身のtwitterでしていました。

 

そこで5月25日に、元々堀江氏と親交が深いNHKから国民を守る党(N国)の代表・立花考志氏が新たに「ホリエモン新党」を結成し、自ら代表に就きました。

立花氏は「堀江氏なら都知事選に勝ち目がある」と見込んで、堀江氏の後ろ盾として支援する形をとったのかもしれませんね。

しかし、結成時点では”ホリエモン”という堀江氏の名を用いているものの、堀江氏は「特定の政党や候補者とは関係ありません」と明言し、ホリエモン新党との直接的な関与を否定した。

そして翌日、6月7日に行われる東京港区長選挙に同党から、一般会社員の男性を堀江さんの「東京改造計画」を公約にして出馬させることを発表し、立花氏はこの港区長選挙に関して次のようにコメントしています。

立花氏:「港区長選挙に公認候補者が出るということ。そこで多くの方に『堀江さんが選挙に出るんだ』ということが広まっていく。どういう公約を掲げて都知事選に出るかというのをはやくから多くの方に知ってもらいたいというのもある」

ホリエモン新党陣営は堀江氏が都知事選に出ることを前提に設立し、前座として港区長選挙で”堀江氏の出馬の宣伝”を行うつもりでしたが、新党設立発表後、堀江氏は出馬はおろか、関与さえも一貫して否定し続けているのです。

意見の食い違いが起きていますよね?次の章でこの意見の食い違い、ホリエモン新党設立の裏(?)の理由を解説していきます。

この章のまとめ

▶ホリエモン新党設立の理由

堀江氏:都知事選の出馬に向けての後ろ盾として親交の深い立花氏の伝手で新党の設立
(しかし、新党設立後は出馬や関与など不透明に)

立花氏:堀江氏の都知事選の勝算を見込んで新党設立により援助

ホリエモン新党設立の真の目的は”売名行為”か

新党設立当初、堀江氏が都知事選に出馬する意欲があったとしたら、親交の深い立花氏が新しく政党を立ち上げるのを手伝ったとして何も違和感はないのですが、堀江氏は一貫してほぼ全てのことに対して否定的な姿勢を取っています。

このことから堀江氏・立花氏のホリエモン新党設立には別の目的がある可能性が考えられます。それが以下の二つ

  1. 堀江氏の本の売名行為(宣伝)
  2. N国の政治資金の開拓

1つずつ解説していきます。

①堀江氏の本の売名行為

これに関しては非常にシンプルな理由で分かりやすいですよね。笑

ですが、今回のホリエモン新党の設立による堀江氏のメリットを考えても、本の売名行為以外にないのです。現に『東京改造計画』は初版予定の3万部の予約を終えて、さらに2万部増版されたとか?

ホリエモン新党設立や都知事選への出馬するような動向など、仮のマニュフェストをまとめた内容の本の売名には非常に効果があったと考えられます。

②N国の政治資金の開拓

もしかしたら、この理由が最も大きいかもしれません。

一例ですが、以下のようにNHKから国民を守る党(N国)の党首・立花孝志氏は自身のYouTubeチャンネルで一般視聴者から資金を借り入れているようです。

立花孝志さんは自身のYouTubeチャンネル上で「NHKから国民を守る党にお金を貸して頂ける方へ 事務連絡です。」と題し、不特定多数の一般視聴者に対してN国党への資金の貸し付けを募集。その内容も、利回りが一年目10%、二年目以降五年目までが5%という極めて高い利息を保証し、一口100万円と目される金額を直接N国党の口座に振り込むよう求めている

引用元:Yahoo!ニュース

このような出資法違反に引っかかるリスクがあることをなぜしているのか、それはN国の政治資金不足が深刻であると考えられます。

そこで、ホリエモン新党を設立し、新たに政治家を作って政党助成金を狙ったのではないかと考えられます。

そう考えたら、双方にメリットがあるので名ばかりの新党を立ち上げることにも納得できますね。

まとめ

今回は「ホリエモン新党の結成理由は”売名行為”か?初心者にも分かりやすく解説」というテーマでご紹介させていただきました。

今まで述べたように、今回の選挙では姿を見せることはない堀江貴文氏ですが、2005年ぶりに政治家としてリベンジするかもしれませんね!

実業家として注目されてが、今後も要チェックです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!