政治家・起業家

菅義偉の家族構成には東大卒の息子など?現在の職業などまとめ!

自民党所属の衆議院議員で、内閣官房長官を務められている菅義偉氏。

引用元:産経ニュース

安倍晋三首相から厚く信頼されている政治家の1人で、新年号令和を発表したことから「令和おじさん」の愛称で国民に広く知られ、次期首相候補にも挙げられているほど順風満帆な人生を送られているように見えるのですが、

実は農家の元に生まれ、高校卒業後は工場で働いたこともある非常に苦労された過去がある方だったのです。

そんな生い立ちをもつ菅さんには息子が3人いて、中には東大卒のエリートがいるとのこと・・。

そこで、今回は息子さんだけでなく、菅さんの家族構成から息子さん達の学歴や、現在のご職業に至るまでまとめてご紹介させて頂きます!

菅義偉の家族構成

菅さんの家族構成は奥さん、息子さんが3人の計5人になります。

奥さんの名前や年齢などは、まとめると以下のようになります。

奥さん・真理子夫人:66,7歳

長男:37歳(1984年生まれ)

次男:35歳(1986年)

三男:34歳(1987年)

あくまで一般人ですので情報は限られていますが、↑で示した情報は2020年9月時点でのおおよその最新情報になります。

本記事では触れませんが、奥さんに関しての情報は菅さんの生い立ちなどと一緒に、別記事にまとめてご紹介したいと思います。

菅義偉の3人息子の学歴や現在の職業は?

引用元:産経ニュース

冒頭でお伝えしたように、菅義偉氏の息子さんには東大卒の高学歴を持つ方や、菅さんの秘書をしていた方などいらっしゃるとのこと・・。

そこで、菅さんの息子3人にフォーカスして学歴、現在の職業などなどをご紹介します。

菅義偉の長男 菅氏の秘書をしていた?

ネットで菅さんの長男について調べると「東大卒の菅さんの秘書だった経歴がある」と噂されていますが、どうやら東大卒は次男で、長男は明治学院大学卒のようです。

東大程ではありませんが、過去に秘書をされていたことを考えると、非常に優秀な成績をだったのではないかと考えられますね!

そして、気になる”秘書”をしていたのかどうかですが、これに関しては確かな情報のようです!

後援会関係者は言う。

「そのうちの1人が秘書をしていたのは10年も前のこと。“政治には興味がない”ということで辞めて、今は3人とも民間企業で働いています。このときに菅が思ったのは“政治で世襲制はよくない”ということでした」

引用元:女性自身

また、菅さんは過去に政界の世襲制を否定していて、実の息子を自身の元に秘書の形で置いていたことに、疑問の声が上がっていたようですが、10年前の話なら全く問題ないですね!

ちなみに長男は現在、民間の企業に勤められているそうです。

菅義偉の次男 東京大学卒業の高学歴

噂の東大卒の経歴を持つ息子さんは菅さんの次男でした。

↑のツイートが指すのが次男かどうかは分かりませんが「都内超名門校から最高学府」とあるので、可能性は高いですね!

そして、次男と三男は大学時代にアメフト部に所属していたことが分かっています。

文武両道のひょうきん者ということで、さすが菅さんの息子さんといったところなんでしょうか・・。

そして、気になる現在の職業ですが「三井物産の社員」という情報がありました(情報源は明らかになってません)。

東大法学部の就職先としては4割が中央省をはじめとする公務員、また公務員以外では金融・保険やメガバンク、商社がほとんどのようです。

三井物産以外の大企業の可能性も十分にあると考えられます!

菅義偉の三男 大成建設会社員?

菅さんの三男の最終学歴は法政大学卒でした。

また先ほどご紹介したように、大学生時代はアメフト部に所属していました。

法政大学のアメフト部・法政ㇳマホークスは強豪校で、特に三男の在学中は甲子園ボウルで2連覇するなど”黄金期”とも言われていたとか・・。

ちなみに、アメフト部の後輩には元お笑いコンビ「ブリリアン」や、ブルゾンちえみさんの「with B」として活動され、現在アメフト社会人チームで活躍するコージさんがいます。

 

また、職業は大成建設の社員と噂されていて、オリンピックの新国立競技場や辺野古建設などの受注で、利権問題として過去に話題になりました

現在、真偽のほどは明らかに待っていませんが、もし本当なら菅さんが首相になってから責任追及される可能性が高いですね・・。

まとめ

以上まとめると、菅義偉氏の家族構成は妻、息子3人の計五人で、

息子さんの経歴としては以下のようになります。

  • 長男:明治学院大学卒、菅さんの秘書を務め、現在は民間の企業に勤める
  • 次男:東京大学卒、三井物産勤務?
  • 三男:法政大学卒、大成建設勤務?

最後までお読みいただきありがとうございました!