ラグビー

マイケルフーパーの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!

引用元:Twitter

ラグビー大国オーストラリア代表主将である、マイケル・フーパー選手が2021年から日本のトヨタ自動車でプレーすることを発表しましたね!

マイケル・フーパーと言えば世界最強のタックラーの1人で、個人的にも大好きな選手の1人です!

そこで、今回は世界トップクラスの実力を持つ名フランカーのフーパー選手のwiki風プロフィールから経歴・プレースタイル・スパープレイ動画など徹底的にまとめているので、ぜひ最後までご覧ください!

マイケル・フーパーのwiki風プロフィール

名前 マイケル・フーパー(Michael Hooper)
生年月日 1991年10月29日(現在28歳)
ポディション FL/NO8
身長 182cm
体重 101kg
NZ代表キャップ数 99
タイトル受賞歴、RWC戦績 ラグビーワールドカップ(RWC)2015 準優勝
RWC2019 ベスト8
スーパーラグビー2013 優勝
オーストラリア年間最優秀選手2013,16
ワールドラグビーオブザイヤー2015 ノミネート

↑のwiki風プロフィールだけでも、フーパー選手がどれほど凄い選手か伝わるかと思います!

特に代表キャップ数99の記録は28歳ながら、オーストラリア代表で歴代3位のキャップ数を記録しているのです。

また、結果でもスーパーラグビー・RWCの両方で準優勝、優勝とワラビーズのン躍進に貢献していました!

ボーデン・バレットの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!2021年ラグビーNZ代表のボーデン・バレット選手が、日本でプレーすることが決まりました。バレット選手と言えば、世界最高峰選手と名高いほか、端正なルックスからも人気が非常に高い選手です! そこで、今回はボーデン・バレット選手についてプロフィールから経歴、プレーに至るまで、簡単にまとめたのでご紹介させて頂きます。...

マイケル・フーパーの経歴(出生から現在まで)

ここからはフーパー選手の経歴と共に、当時のプレー動画などをご紹介していくので、是非動画も見てみてください!

※スーパープレーなどは「マイケル・フーパーの経歴」の項にもちょくちょくありますが、事項にも載せています。

プロ選手になるまで

フーパー選手は1991年にシドニーに生まれ、8歳以下の頃からマンリールース(Manly Roos)というジュニアクラブでラグビーを始めました。

フーパー選手のインタビュー曰く、マンリールースはディフェンス重視のチームでタックルの練習が多かったそうで、ジュニア時代から持ち前のタックルの才能を見せ始めます。

↓14歳以下までコーチしていたマレー・ジョナスさんが、フーパー選手が代表キャプテンを任された時にしたコメントです。

「その若さでも、彼はスピードを持っていたし、彼は力を持っていたし、彼はジュニアを通じてすべての年齢層の他のすべての子供たちの一歩先を行っていました。」

また当時17歳のフーパー選手の映像です(青ユニフォーム7番)。

運動量が現在と引けを取らない上、1人だけフィジカルが群を抜いていますね・・・。笑

当時のその無双ぶりから、フーパー選手はオーストラリア内で注目され、18歳という若さでスパーラグビー・ブランビーズでデビューを飾りました。

スーパーラグビーでの活躍

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mikhoop(@michaelhooperfanacc)がシェアした投稿

18歳でスーパーラグビー・ブランビーズでデビュー戦を経験し、若い頃からチームの主軸として活躍を重ねました。

ブランビーズ時代(大学1~3年生)から他の選手に劣らないフィジカルの強さを見せつけていました。

大学3年生がプロのNO8をかちあげるというのは、日本ではまずありえないことですが、フーパー選手は平然とやってのけます。笑

その後、2013年にワラターズに移籍し20年までプレーしました

そして、2013年はブランビーズ・ベストフォワード、オーストラリアのルーキーオブザイヤー、オーストラリア年間最優秀選手など、多くの賞を受賞しました。

それらの活躍が認められ、翌年にはキャプテンに任命され、見事チーム初優勝まで導く快挙を成し遂げます。

当時、イズラエル・ファラウ選手らワラビーズで活躍する選手が多数いたこともあり、間違いなく全盛期でした。

オーストラリア・ワラビーズでの活躍

オーストラリア代表(ワラビーズ)には2012年から召集され、オーストラリアのスター選手のデビット・ポーコック選手との負傷交代によりデビューを飾ります。

その後も、ポーコック選手の抜けたところで出場し続けますが、きちんと結果を出しワラターズでのポディションを確固たるものにしました。

↓21,2歳の時のハイライトです。

また、2014年にはチーム内最年少にも関わらず、初キャプテンに大抜擢されました。

2021年からトヨタ自動車に

そして、2021年の1月から始まる日本のトップリーグに参戦することが発表されました。

契約内容としては、現在在籍しているワラターズから、トヨタ自動車に半年間の移籍で、2021年1月から7月までフーパー選手を日本で見ることができます!

プレー予定のトヨタ自動車には日本代表の姫野和樹選手や、元NZ代表で元キャプテンのキアラン・リード選手らが在籍しており、FWのバックロー陣が大注目されています。

TJ・ペレナラの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!次世代のAll Blacks代表のSHであるTJ・ペレナラ選手が、日本のトップリーグ(NTTドコモ)に電撃加入しました! TJ・ペ...

【動画あり】マイケル・フーパーのプレー

ここからはフーパー選手のプレーの魅力や、見どころなどをご紹介させて頂きます!

強烈なタックル

フーパー選手の最大の持ち味と言ってもいい武器がタックルです!

前項で学生時代からタックルが強烈だったと動画でも解説しましたが、スーパーラグビーでもフーパー選手はフィジカルで負けなしです。

身長182cmとプロの中では比較的小柄な選手になるのですが、100発100中で相手を仰向けに倒してしまいます。

そのため、↑の動画では相手選手が真正面からヒットしてますが、近年ではフーパー選手に真正面からヒットする選手はいなくなりました。笑

そのくらいフーパー選手のタックルは世界から認められています。

ブレイクダウン

タックルに引けを取らないくらい、ブレイクダウンの争奪戦も一級品です。

ブレイクダウンとは

タックルして選手が倒れた時に起こるボールの争奪戦です。

また、現代ラグビーにおいて「ブレイクダウンが勝敗を分ける」とも言われるほど、重要なプレーの1つです。

上の動画でも味方選手がタックルに行った後、ボールを奪っているプレーが見られますが、フーパー選手は世界トップレベルと言っても過言ではありません。

そこに先ほどご紹介したタックルが負けなしという情報を合わせて考えると、相手選手からしたら「フーパーには当たりに行けないし、フーパーの周りで倒れてしまったらボールを奪われてしまう」となってしまうのです。

フーパー選手の存在だけでプレーが限られてしまうので、相手からしたらとても手強いですよね・・・。

ベン・スミスの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!ボーデン・バレット選手に続き、またAll Blacksからレジェンドのベン・スミス選手が2020年から日本のトップリーグでプレーすること...

【まとめ】マイケルフーパーの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!

今回は「マイケルフーパーの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!」と題して、徹底的にご紹介しましたが伝わりましたか?

とにかく、姫野選手・リード選手・フーパー選手が集結するトヨタは見逃せないチームになると思いますので、2021年の試合は要チェックですよ!

「2021年TL」関連記事はこちら

2021年から日本でプレーするスター選手(All Blacks選手などなど)をまとめているので、ぜひご覧ください!

ボーデン・バレットの経歴!どれだけ凄い選手なのか徹底解説!

TJ・ペレナラの徹底wikiプロフが凄すぎる!経歴やプレーも!

グレイグ・レイドローの経歴!どれだけすごい選手なのか徹底解説!

ベン・スミスの経歴まとめ!NZのオールラウンダーを徹底解説!