サッカー

三苫薫の高校・大学時代の経歴・プレー!評価が高い理由とは?【動画】


サッカーJリーグにて、優勝候補筆頭とされている川崎フロンターレの大卒ルーキーの1人、三笘薫選手が注目されています。

そこで、今回は三笘選手の高校・大学の経歴やプレー動画、そしてなぜプレーが高い評価を受けているのかなどまとめたのでご紹介させて頂きます。

三笘薫の高校・大学時代のプレー

高校時代

三笘選手は川崎フロンターレU-10の頃から下部組織に所属していたため、高校時代も川崎FのU-18でプレーしました。

高校3年次には背番号10番で、現在チームメイトの田中碧選手と共にプレーしていたようです。

↑J1でも同じような、切り返してのゴールを見た覚えがあります。笑

また当時、高校卒業後プロ入りかと注目されていましたが、将来のことを考えて勉強しながらサッカーに打ち込むために、筑波大学への進学を決めました。

大学時代

三笘選手が高校3年の時、筑波大学は関東大学2部リーグでしたが、一年生からメンバー入りすると数々の勝利に貢献し、以下のような成績を残します。

大学1年次

  • 関東大学リーグ1部で2位
  • インカレ優勝

大学2年次

  • ユニバーシアード日本代表選出、優勝
  • 関東1部リーグ優勝(ベストイレブン獲得)

他にも、世代別日本代表のU-20,21,22にそれぞれ選抜され、大学生ながら3,4年次にはトゥーロン国際大会のメンバーに召集されています。

そして、三笘選手の経歴を語るうえで欠かせないのが大学2年時の天皇杯2回戦、仙台ベガルタ戦です。

J1相手に2得点を決め2-0で勝利を収めたことで、三笘選手の名前が全国に知られるようになりました。

仙台ベガルタ戦や大学時代のプレー集です↓

大学での数々の活躍が評価され、3年次には川崎フロンターレに加入が決定し、JFA・Jリーグ特別指定選手になりました。

三笘薫の評価が高い理由

三笘選手へのインタビューで自分の長所を聞かれていた時に、以下のように答えていました。

  • 縦へのドリブル
  • アイデアのあるプレー
  • アウトサイドでのパス
  • 狭いエリアでのプレー

その自己評価は非常に正確で、一部では和製カカ、ネイマールとも言われていて特にドリブル・ステップが高い評価を受けています

相手を置き去りにするランスピードや、ボールをもってからの細かいor深い切り返しはJ1デビュー戦から火を噴き、ゴール前フリーキックを得る活躍をしていました。

他にも元日本代表の水沼貴史氏からは”ストライドの長さを活かした独特なテンポのドリブル”と評価したり、「スケールが違う」とコメントされている場面もありました。

一方、三笘選手には現時点では弱点もあるようです。

それは左足を使わないor使えない点です。

川崎Fで左ウイングとして起用されていますが、ショートもパスもほとんどが右足なのです。

切り返し無しからの内へのパスはアウトサイドパスを用いていますが、そろそろ対策されるかもしれません。

川崎Fの試合を見るときは是非注目してみてみてください!

まとめ

今回は「三苫薫の高校・大学の経歴まとめ!プレーの評価が高い理由とは?【動画】」というテーマでご紹介させて頂きました。

高校・大学時代から注目されていた大型ルーキーの三笘選手、J1はもちろんA代表やオリンピックでの活躍にも期待です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事はこちら

「三笘薫」「川崎フロンターレ」に関しましては、以下の記事も合わせて読まれています。

ぜひご覧ください!

三笘薫のwikiプロフィール!経歴や代表歴もまとめて紹介!

旗手怜央のwikiプロフィール・経歴!父親は元野球選手?